車の美 追求講座

プロテクションフィルムについての情報がいっぱい!

このコラムは、マットなプロテクションフィルムを格好良く見せるためのポイントを紹介しています。
まず施工会社の実績を重視することが大切で、ノウハウが豊富なところに頼むのがベターです。
値段が高いと考えられがちですが、その実どうなのか、また貼った後のことまで細かく解説しています。
もし将来剥がれたら、すぐに張り替えをした方が良いです。
放置してしまう人が多いですが、見た目も悪くなりますし時間が経つ程剥がしにくくなってきます。
さらに、紫外線予防にもなるためメリットが多いことにも触れています。

車をもっとかっこよく!マットなプロテクションフィルム

車をもっとかっこよく!マットなプロテクションフィルム プロテクションフィルムは柔軟性に優れ、バンパーなどの曲面にも施工することができます。
新車の時の輝きをキープできるため、年数が経っても剥がせば綺麗な状態です。
マット加工を施せば、カラーはそのままに艶を消した渋めの仕上がりになり、他には見られない質感を再現できます。
飛び石などの外的刺激にも強く、衝撃を吸収することもボディーを綺麗に保つ理由です。
紫外線からも守ってくれ、色褪せることを防ぐ効果も顕著です。
施行から数年経っても劣化しにくく、美しいまま長く愛車に乗ることができます。
マットなプロテクションフィルムを貼っても、もちろんたくさんのメリットはそのまま享受することが可能です。
マット加工をするだけでも違う車になったような変化を楽しむことができ、立体的に奥深さを知ることができるのも、プロテクションフィルムの利点です。

車のプロテクションフィルムは塗装の傷や色落ちの発生を防ぐ

車のプロテクションフィルムは塗装の傷や色落ちの発生を防ぐ 車を美しく保ちたいならば、表面に塗られている塗装は重要です。
塗装はサビや風雨から車のボディを守る役割を持っています。
でも、その塗装も砂埃で傷ついたり、風雨にさらされて劣化したり、紫外線による影響でひび割れてしまったりと時間の経過とともに機能を失ってしまいます。
そこで役立つのがプロテクションフィルムです。
プロテクションフィルムとは、ボディを特殊なフィルムで覆うこと砂埃・風雨・紫外線が塗装まで届かないようにするので、傷や色落ちなどの発生を防ぐことができます。
プロテクションフィルムはとても薄く、透明なので外見は貼る前とほとんど同じです。
むしろ独特の色艶が生まれますから、表面にワックスを塗った後のように美しくなります。
プロテクションフィルムがボディを覆っていますから、砂埃などがついて見た目が汚れても、擦れて傷つく心配もないので何の心配もなく洗い流せます。
もちろん、厳しい環境にさらされることで、プロテクションフィルムも次第に劣化していきますが、フィルムですからまた貼り直すこともできます。
フィルムで守られていたおかげで塗装は傷もなく色も損なわれていませんから、新しく貼り直した後は再び新車のような見た目に戻ります。

プロテクションフィルムは曲面にも施工可能か

大切なクルマやバイクを傷から守るために、プロテクションフィルムが注目されています。
150ミクロン~200ミクロンもの厚みのある特殊なフィルムでボディを覆うことができるため、飛び石などからクルマのボディを守ることができます。
それだけでなく紫外線もカットするので、ボディ塗装の劣化を防ぐことができ、いつまでも新車の輝きをキープすることが可能です。
ただ、厚みのあるプロテクションフィルムの貼るとなると、平面は良くても、曲面はうまく貼ることができないのではないかと心配に思っている人もいるのではないでしょうか。
確かに、クルマはいくつもの局面から構成されているので、プロテクションフィルムを施工するのはハードルが高そうです。
しかし、柔軟性と伸縮性があるために、どのような箇所でも全く問題なく施工することができるのです。
DIYで施工するのはかなり難しいので、技術と経験が豊富な専門ショップを利用するのがおすすめです。

愛車を紫外線から守るためにプロテクションフィルムを利用

紫外線は車にも様々なダメージを与え、ボディが色褪せる原因にもなります。
紫外線を浴びると上層部分から徐々に劣化し、特に黒色や赤色の濃い塗装は劣化が目立ちやすいです。
車内で使っているレザーシートも、ひび割れや色褪せが起きやすくなります。
劣化を防ぐためには様々な方法がありますが、最近はプロテクションフィルムを活用している人が増えています。
プロテクションフィルムとは車のボディを保護する特殊フィルムで、透明なフィルムを貼ると傷や色褪せから車体を保護してくれます。
車の走行中に石が飛んでくると、車の塗装が剥げて傷が付きやすくなります。
プロテクションフィルムを貼っていると、走行していても飛来物からボディを守れます。
プロテクションフィルムには様々なメリットがありますが、手軽に使えて車全体だけでなく部分的な施工も可能です。
女性の中には爪が長くて車のドアを開ける時にボディに傷を付けてしまう人もいますが、ドアノブにフィルムを貼れば傷を防ぎます。

プロテクションフィルムについてもっと調べる

プロテクションフィルムの色々