車の美 追求講座

愛車の表面を保護する

愛車の表面を保護する

愛車の表面を保護する 自動車は走行しているだけでも、どうしても傷が付くことは避けることができません。時速数十キロのスピードが出ている以上、小さな石でも大きな衝撃になるからです。また鳥の糞や酸性雨など、放置しておくと化学的に車体にダメージを与える要素もあります。
そのようなものから愛車を守る方法としては、ビニール素材を用いたプロテクションフィルムの使用が挙げられます。車体と外の間に一枚薄い膜を用意することで、ダメージの元となるものは全てフィルムが負ってくれるというわけです。ある程度期間が経過すると、新しいものに交換して、内側へのダメージはなくすという寸法です。
そんなプロテクションフィルムには、厚みがありしっかりとした保護性能を持っていたり、ある程度の傷が付いても自己修復できるなど、機能面で色々な種類があります。貼り付ける場所も、車体全面だけでなく、傷が付きやすい部分のみという選択も可能です。そうするとコストを下げることが可能です。

ヘッドライトにプロテクションフィルムを装着することはできるのか

ヘッドライトにプロテクションフィルムを装着することはできるのか プロテクションフィルムは薄いフィルムを表面に貼ることによって保護することができるもので、車などで傷付きを防止するために装着するというケースが増えています。車全体をプロテクションフィルムで覆ってしまうということも珍しくありませんが、費用がかかるため部分的に施すというケースもあり、その部位の一つがヘッドライトです。
ヘッドライトは夜間走行時に前方を照らすものですが、現在の車のものは樹脂で出来ているため数年後には変色が発生します。車検に通る時にはこの時の黄ばみが原因で通らないというケースもあり、基本的には交換はしなくても研磨するなどの作業が必要になるものです。
また色がついていると見た目にも格好の悪いもので、その点で透明なプロテクションフィルムを貼り付けることによって劣化を防ぐことができるメリットがあります。もちろんプロテクションフィルムも劣化してしまうのですが、簡単に貼り直すことができるので黄ばみが発生したとしてもすぐに新しい状態にすることができるものです。